2016年01月14日

デビットボーイ

Save8793.JPG 
デビッドボウイが死んだ。
私は戦メリしか知らない。
ラジオの特集で多くの曲を聴き、
彼がいつも新しいものを求めていたと聞いた。
ファンはついていけなかったとも聞いたが、
私にはどれも似てるように聞こえた。

まあAKBの動画を見ているレベルだから。
posted by 風間健介 at 18:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクーターと写真

Save9194.JPG 
暗室に行った。
少しは歩けるようになったからだが、
根本的に寝返りが駄目だし、ベッドから起き上がる時激痛。
液は持てるがピントルーペを見るための中腰が駄目だった。

応援してくれる人に迷惑を掛けるのはアカンので、
雑誌に載るような写真をセレクト。

そして何とかスクーターに乗った。
(体はキツイが汲み取りでもトレペが無いと困るのだ。)
しかし、寒さのせいかスズキ君は動かない。
陽の当たる場所に移動させ少しおいてやっと動いたが、
ウチのデブ猫より可愛いと思った。

今年はスクーターにも写真を撮らせてあげたいと思う。
スクーターは足場が広く、三脚を載せられる。
しかし、無いのだ。
スクーターの距離には撮らないといけないものが
まだ無いのだ。

昔から言われた。
外国のメズラシイものを撮らないと食えないと。
しかし、アダムスやウェストンは身近なものを撮っていた。

私は海外に行った事がない。
体や金のこともあるが、
カッコワルイから外国にはいっていない。
と言うか、外国に行くのは恥だ。
尊敬出来て良いものを作っている人達は
身近なものを作品にしている。

今日は電気代や公共料金を払った。
狭山時代の電気代より2〜3割安いと思う。
館山市街のことはわからんが藤原地区はええよ。
猫も来たしね。
(今はデブになっているが。)
posted by 風間健介 at 01:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

夕張

 
プリントが出来ないので送る炭鉱遺産ポジの確認。
結構よいと思うのでうまく活用してほしい。
ケースの中に夕張や大夕張のポジもたくさんあった。

ポジは高いので美しい光の時しか撮らなかったので、
35ミリとはいえ美しいと思う。
これだけで写真集が出来ると思います。
炭鉱遺産とともに東京の友人に送るのですが、
その前に見たい人は連絡して下さい。

本当はスキャンしてhpにアップしたいのですが、
ウチのパソと私の技術では無理です。
雑誌も考えたのですが、15年ほど前の写真ですしね。

ぎっくり腰がひどいし、寒気もひどい。
おまけにブタ猫が乗って来るし。。。
この二日間はほとんど寝ていません。

いろんな作品も見れます。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
ブログ用 036.jpg

posted by 風間健介 at 09:05| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

ぎっくり腰

 
ぎっくり腰がひどい。
寝返りも咳も出来ない。
ベッドから降りるのもトイレにいくのもつらい。
食料も煙草もない。
(米とラーメンはあるが。)
posted by 風間健介 at 09:15| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

年賀状

Save8630.JPG 
寒いのに汗ビッショリで寝ていたが、
少しよくなったので家事をして年賀状を書いた。
しかし、ネット時代に年賀状は不思議である。
というか下手な字を書くのはつらい。
(印刷だけの賀状をもらっても寂しくなるだけだし。)

私の賀状は印画紙である。
それに住所とか文章を書くのだが、
今の印画紙はRC(プラ)でもの凄く書きにくいし、
動悸があり下手な字を見せる事になる。
(昔はバライタのカードがあり、毛筆で誤魔化せた。)

もう年賀状は辞めようと思ったが、
昨年は出せなかったし移転連絡も出来なかったので
過去最悪の字で書いた。
(昨年は移転で電気もガスも一ヶ月無かった。)

体調悪くずっと弁当かジュースばかりだったが、
久し振りにマルちゃんの天ぷらそばを食べた。
やっと年越しそばです。

いろんな作品も見れます。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
posted by 風間健介 at 12:14| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする