2016年02月23日

猫のこと

 
雨の中スクーターを押してたのは13日だが、
相変わらず風邪と腰が酷い。
それだけなら良いが右の目元にデキモノが出来、
右目自体が腫れている。
暗室でピントを合わせる時の腰の痛みも辛いが、
眼はそれ以前の問題で非常に困っている。
(ボンドの影響か?)

私は写真家の写真集を持っていない。
旭川でギャラリーをするという若者にすべてあげた。
しかし、紫艶の写真集は2冊持っている。
あ〜あ。

しかし、三枝は72歳で紫艶は38歳で34歳差。
私は55歳で34歳下は21歳。
がんばろう。
ちなみにチビとの年齢差は54歳ぐらいだが虚しい。

私は海外に行った事がないので外国語はわからない。
しかし、日本中旅していたのである程度の方言はわかる。
しっかし、ミャーでなく小さな声でギャッとかグェッと鳴く
チビの言葉がわからない。
(躾は出来てるのにそれゆえチビは捨てられたのか。)

体調が悪いとオカシナ事を起こす。
チビは私室の西側の窓から出入りする。
珍しくミャーと鳴いた。
入って来たのは奥隣のメリちゃんだった。
(チビがいることに気付かなかった。)
普段は外で喧嘩してるのに2匹とも黙っていた。
(共にメス猫の一歳だがメリの方が大きくてチビはいつも負けている。)

いろんな作品も見れます。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
ブログ用 019.jpg
posted by 風間健介 at 21:47| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道のこと

 
友人が北海道から帰ってきた。
私より少し歳上の写真家だが車中泊。
私は夕張で灯油なしで過したこともあるが、
スクーターのパンクから暗室どころかマトモに歩けない。
鶯が鳴きまくっている春?なのにメチャクチャ遺体。
(手術してもどうなるかと言われてます。
というか腰痛の人間はバイクを押すものではない。)

北海道旭川近くに東川町という町があり、
毎夏フォトフェスティバルをやっている。
写真甲子園は有名になったが、私は野外展を企画していた。
メイン会場近くの旧役場の芝生の土地を借りれた。
日本で初めての自主的な野外展とも評価もされたが、
町民を気にする役所にそこでのキャンプを許可されなかった。
で、私達は川原でキャンプした。
(翌年から認められたが。)

河原でキャンプしてたら地元のオバサンが来た。
バカ美味の一口コロッケを持って。(みんな大喜び。)
そしてオバサンはバカ美味を毎年持ってきてくれた。

東川フォトフェスタに参加しなくなってもメールをくれた。
しかし、私の返信は届かなかった。
(全部リターンだし、引っ越し先の固定電話はわからない。)

fbで知った共通の友人が連絡してくれ設定とか直して貰った。
彼女はつらかったと言うが、私も辛かった。
メールが繋がった。
腰は最悪だが、オバさんが元気であることが嬉しかった。

いろんな作品も見れます。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
posted by 風間健介 at 01:08| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

猫と、、。

 
いつもは足元で寝るチビが最近顔の近くで寝る。
私の体を心配してくれてるのだろうか。
(夏場はパンイチだが股間で寝ていて暑苦しかったが、
チビは結構イイ臭い。)

しかし、行動がオカシイ。
普段アトリエ部屋でエサを食べたら直ぐに私室に戻るのだが、
戻らないのである。
近く房総で大地震が起きるとも噂されているからか。

私は地震が怖い。
ウチは6DKだが古く変わった古い家で私室は離れだし、
強固性は少ない。

もし地震で家が壊れたら、、、。
カメラは中古だし買えるから良いとしても、
ネガや原版は量と重みがある。
持ち出すのは財布(1億ぐらいは、、、入ってないよ。)と
パソ、、、?。(これも重い。)
しかし、チビを優先するだろうなあ。

腰痛で作業が出来なかったので宗教の事を考えていた。
もちろんアホに宗教なぞわからないし、
聖書やコーランよりエロ本の方が好きだし理解出来る。

先進国はキリスト教が多いが、
処女懐妊を信じてるモノが戦争するのは異常である。
日本人なのに日本を貶すのを喜ぶ人もいる。
強姦されたのを知らないふりをする精神も怖いが、
ウチの猫以下だと思ってる。

私は十字架の絵を考えていた。
さてどうなるか。

いろんな作品も見れます。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
posted by 風間健介 at 10:36| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

認知症

 
新素材を撮った。久し振りのカラーで。
もちろん食べれないが美しい。
しかし、1本10枚の撮影で中腰がギブ。
それ以前に作品より実物の方が美しい。

寝ても椅子に座っても痛い。
まあまだ認知症にならないだけましか。
老人ホームの3人落下はオカシイが、
亡くなった父親もそうだが、認知症にならなくても
年寄りは頑固だから介護は大変な仕事だと思う。

両親が共に施設に入ったら40万以上掛かるという。
その年代の人の子供は学費がもの凄く掛かる。
両親の年金があっても共働きでも大変だという。

介護離職した友人がいる。大変だと思う。
娘分の下の子は保育所が駄目だったそうだ。

幸い私の母は父の年金と優しい弟のお陰でホームだが、
酷い状態の人の家族ほど見舞いに来ないという。
(私は遺産放棄したが。)
それ以前に尊厳死や安楽死を認めて欲しい。

新素材で原版を作り、
A4のガラスにボンドとドライヤーで絵を描いた。
しかし、バカだ。
風邪も酷いのにボンドの臭いで余計頭が痛くなった。
認知症かよ。
Save9312.JPG
posted by 風間健介 at 09:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

新作品、、。

 
新素材の原版を作った。
しかし、10枚でダウン。
体調もあるが、素材が美しいのだ。
廃棄されたものだが、迷っている。

「ブリーチ」も原版は美しいのだが、プリントはイマイチ。
新素材のテストプリントは美しいが、
ライトボックスの原版の方が美しい。
本当に悩んでしまう。
(試作を見た近所のオバサンは感動してくれたが。)
まあ根本的に写真より実物の方が美しい場合が多いが。

新しい印画紙は2種考えている。
しかし、お世話になっている人への「夕張」に悩んでいる。
確かに焼けなかったし、かなり破った。
腕は落ちてないと思うが、
新しい印画紙はマトモに焼けるのだろうか。

日本は技術大国と言うがあんな印画紙を売って良いのか。
(問い合わせの返答もまだ無い。)
カメラにも思うがニコンやキャノンの性能は良いが、
普通の撮影は125分の1で絞り8ぐらいだろう。
巻き速や画素数を求める人はそんなにいないと思う。
(というか、デジの人はプリントしないらしいが。)

というか、感触の良い巻上げレバーの方が良いと思うし、
シャッターも感触が良い方がいいでしょう。
それが本当の人の為の技術だと思うのだが。
それ以前にファインダーを見て撮る方が、、、。
(デジでは必要ないか。)

いろんな作品も見れます。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
posted by 風間健介 at 12:19| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする