2016年02月05日

3・11

 
今日も腰が駄目だったので暗室を諦めギャラリーの
作品を換えた。

2月と3月は「3・11」東北の写真である。
私は震災の1ヵ月後に撮影に行ったのだが、
あれから5年経ったのが信じられない。
(私の中では3年前ぐらいに感じるのだ。)

撮影した街もだいぶ変わっているだろう。
新しい巨大な堤防の写真は多く見た。
家の多くは高台に移ったという。
巨大堤防は何を守るのだろうか。

http://kazama2.sakura.ne.jp/sakuhin2.top.html
この中の「光芒なき街」をご覧下さい。
Save6540.jpg

posted by 風間健介 at 10:29| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗(文章書きました)

 
チト腰が暗室を嫌がったのでバライタの予定を変更して
「流雲」「ブリーチ」のRCを焼いたがともに失敗。

思い通りにならない雲。
経験はそれなりにあるつもりだが、なんじゃこりゃのトーン。
夕張でも狭山でも館山でも空を見て撮っているが、
より濃いフィルターなのに青空が暗く落ちず雲が白くならない。
???

赤外は現像で失敗したので怖いし、
「風のたてやま」でも思ったほど効果がでなかったし。

「ブリーチ」は曇り空を適当に撮って黒いネガを作り、
綿棒と漂白剤で画像を作るもので書に似ている。
しかし、漂白剤を塗っても簡単に画像は出来ない。
何度も擦りまくって作るのだが、意図とは違ったものになるし、
美しさを感じない。
改良の余地もないし、欠点が多過ぎてこのシリーズは辞める。
http://kazama2.sakura.ne.jp/bu.html

「風のたてやま」についても書きます。
館山は温暖のイメージがありますが冬から春に暴風が吹く。
昨年は春に撮ったので(冬は家の改造してた。)今年の冬に期待した。
しかし、撮れなかった。
この冬は暴風は3度あったが、雨と曇りなのである。
まあ春に期待しよう。
http://kazama2.sakura.ne.jp/ka2.html

夕方外に出て行ったチビは夜遅く戻ってきてベッドで寝ている。
私もガンバロ。

今日の写真は夕張の煙突です。
本体というかプラント自体は解体されましたが、
石炭から油や新しいエネルギーを取りだそうとしたプラントでした。

採算は合わないが石炭層からメタンも採れます。
というか、本当の先進国は不時の事態に備えて炭鉱を存続させてます。

いろんな作品も見れます。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
SAVE1384.JPG
posted by 風間健介 at 10:04| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする