2016年02月19日

新作品、、。

 
新素材の原版を作った。
しかし、10枚でダウン。
体調もあるが、素材が美しいのだ。
廃棄されたものだが、迷っている。

「ブリーチ」も原版は美しいのだが、プリントはイマイチ。
新素材のテストプリントは美しいが、
ライトボックスの原版の方が美しい。
本当に悩んでしまう。
(試作を見た近所のオバサンは感動してくれたが。)
まあ根本的に写真より実物の方が美しい場合が多いが。

新しい印画紙は2種考えている。
しかし、お世話になっている人への「夕張」に悩んでいる。
確かに焼けなかったし、かなり破った。
腕は落ちてないと思うが、
新しい印画紙はマトモに焼けるのだろうか。

日本は技術大国と言うがあんな印画紙を売って良いのか。
(問い合わせの返答もまだ無い。)
カメラにも思うがニコンやキャノンの性能は良いが、
普通の撮影は125分の1で絞り8ぐらいだろう。
巻き速や画素数を求める人はそんなにいないと思う。
(というか、デジの人はプリントしないらしいが。)

というか、感触の良い巻上げレバーの方が良いと思うし、
シャッターも感触が良い方がいいでしょう。
それが本当の人の為の技術だと思うのだが。
それ以前にファインダーを見て撮る方が、、、。
(デジでは必要ないか。)

いろんな作品も見れます。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
posted by 風間健介 at 12:19| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする