2016年03月13日

3・11その4

Save6232.jpg 

最初の津波速報で3mの数字を見た。

そして6m、7m、、、。

しかし、東北の人間にはチョロイもんだと思っていた。

私は沖縄以外の海沿いはほとんど旅をしていて、

東北で津波到達点と書かれた30m以上の岩場を見てたからだ。

しかし、2万人以上、、、、。

 

「千年に一度」という言葉が使われているが、

オカシイと思う。

詳しいデーターはないが千年の間には一杯来ている。

「千年に一度」は東京電力を守る為の純粋な言葉だと思う。

 

「てんでんこ」という言葉の元も哀しい。

この言葉の意味は地震や津波が来たらそれぞれで逃げろと

いうものであるが、、、。

 

諸説いろいろあるが、明治の三陸大津波で

年寄りを助けないといけないと言う風潮があり、

若い男女が飲み込まれ家系断絶が多かったそうだ。

 

今回の津波でも車に家族を押しこんで、

自分は乗らずバンザ〜イして亡くなった人がいる。

婆の体は小さいのに。

 

今堤防が作られていて新しい堤防をネットで見た。

高台に家は移っているのに

10mぐらいの壁は何を守るのだろうか。

 

私は土建業のバイトをしていたので多少知識はあるが、

コンクリは数十年しか持たない。

そして施行方法だが完璧な連結は出来ない。

盛土と松の方が綾瀬はるかに良いと思うのだが。

(それも東京オリンピックに取られた。)

 

今日の写真は世界一と言われた宮古市田老地区の

10m堤防です。

 

http://kazama2.sakura.ne.jp/sakuhin2.top.html

からの「光芒なき街」に東北の写真がたくさんあります。

ぜひご覧下さい。

 

posted by 風間健介 at 23:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

3・11その3

 

3・11で多くの人が亡くなった。

誰もが携帯を持ち、パソコンやハイブリットカーの時代に。

 

地元の人に聞いた言葉だ。

「昼間だったからまだよかった。」

夜だったら停電で真っ暗になり、避難出来なかっただろう。

地震で家の中はメチャクチャで、

財布どころか車のキーも見つけられないだろう。

 

本当に胸を締め付けられる。

そして一ヶ月しか経っていなのにマスコミが減った。

「忘れられるのが怖い」と地元の人が言った。

 

私が被災地に行ったのは一ヵ月後だが、

その時期は強風が吹き、トタンやガレキが空を飛ぶ。

友人から借りた車なので撮影を中止した日もあった。

 

しかし、一番怖かったのは山田の女子中学生だった。

岩手県山田町の駅を撮影していた時だった。

笑い声が聞こえた。

「ここまでやられたら笑うしかないよね」

泣いているのなら理解も出来るし、声も掛けられる。

しかし、笑い声に不安になった。

写真は山田駅です。

 

http://kazama2.sakura.ne.jp/

から写真作品に入り「光芒なき街」に東北の写真が

たくさんあります。

Save6110.jpg

posted by 風間健介 at 22:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3・11その2

 

3・11の時、東京直下型だと思った。

真っ先に友人達が浮かんだが、

隣のクリーニング屋の老夫婦の家に行った。

しかし、真夏でもアイロンを掛けている80歳は私より気丈だった。

 

私は寝込むことが多かったので、

震災後一ヶ月はテレビを見まくった。

そして被災地に行った。

 

自分のネガがあれば夕張のように忘れられても

いつでも展が出来るからだ。

(今月一杯自宅ギャラリーで展示している。)

 

写真よりテレビの方が情報量が多い。

しかし、テレビより現場の方が数倍酷かった。

いくら高性能のテレビでも臭いは伝わらない。

(花粉なんてもんではないぞ。)

 

私が写真を撮ったとしても被災地のプラスにはならない。

(道の駅やまだの協力で半額寄付とか出来たが。)

元々高尚な人間ではないし、火事場泥棒のようなものだ。

 

カメラを持った多くの人がいた。

若い人が多かったし、高尚な人も多かっただろう。

しかし、話しかけることはなかった。

彼らはみなマスクをしていたからだ。

 

http://kazama2.sakura.ne.jp/sakuhin2.top.html

からの「光芒なき街」に東北の写真がたくさんあります。

ぜひご覧下さい。

Save6090.jpg

posted by 風間健介 at 13:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

3・11

 

今日は5年目の区切りのよい3・11。

ラジオやネットで震災の話題が増えていた。

しかし、明日から10年目の3・11までは話題が減るというか、

忘れられるだろう。

で、しばらく3・11のことを書き、撮った写真を載せようと思う。

(東北ではなく東京に震災があったらもっと報道が増えると思う。)

 

ちなみに私は3・11の一ヵ月後に撮影に行って、

プリントが終わったのは6月。

知っている編集部に連絡したが、

「東北の写真はもういいです」だった。

 

今日の写真は町長や防災無線で避難を呼び続けた女性が

流された大槌町の役場です。

 

http://kazama2.sakura.ne.jp/sakuhin2.top.html

から入り「光芒なき街」に東北の写真がたくさんあります。

Save6126.jpg

posted by 風間健介 at 12:06| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

新作「Leaf」

 

新作「Leaf」をアップしました。

私の住む館山の神戸地区は砂地でレタスが有名です。

(アクやエグミが少なく長野より美味しいです。)

家の前に落花生の畑があるのですが、

レタスの外葉やハネ品が肥料として捨てられます。

 

時間と共にレタスの葉は茶色くパリパリになります。

それを水に浸けて柔らかくして、本に挟んで乾かしながら

平面性を出します。そしてそれをガラスに挟んで

引き伸ばし機にセットしてプリントします。

 

夕張時代からいろんな素材を試してきました。

しかし、家の前のレタスを見て1年以上ですが、

廃棄物という固定観念に捉われていました。

ぜひご覧下さい。

http://kazama2.sakura.ne.jp/le.html

Save9702.JPG Save9664.JPG Save9684.JPG

posted by 風間健介 at 09:30| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする