2016年03月07日

困った猫

Save5551.jpg 

プリントの予定を変更して休養。

とにかく両目が痒いのである。

というか眼を開けていられない。

そしてクシャミも酷い。

私の場合一度クシャミをすると200回ぐらい続くのだ。

グッタリフラフラになり暗室以前になるのだ。

館山は海風が多いだろうと期待して来たのだが。

(毎年書くが杉は保水力も少ないし、使われないので

すべて切ってほしい。)

 

おまけに両足が痒い。

蚊に刺されたような跡が100箇所以上。

今は蚊はいないし靴下を履いて寝ているのに。

言い訳ではないがプリントに集中出来ません。

 

眼が痒いのは私だけでなくチビもそうだが、チビの顔が変。

額の中央部に黒い点。 ダニがついていた。

頭を押さえ込んで食い込んだダニを引き抜こうとすると、

額の皮が1センチ以上伸びた。

 

自分なりにチビの健康管理をしているつもりだ。

しかし、ダニを取った後の食後にウンコをされた。

エサや砂を入れたバットのあるアトリエ部屋の中央に。

それも大量に。

3分の1はほぼ原形の猫貴族という餌だった。

理解不能。

 

いろんな作品も見れます。

http://kazama2.sakura.ne.jp/

 

posted by 風間健介 at 11:16| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする