2016年04月17日

熊本地震 倒壊家屋を記録して。

 
SNSは現地の生の声が入って来ますが、私は借家暮らし
なので知らなかったことがあったので拡散願います。
被災者の人も携帯やスマホを持っていると思います。
ぜひ壊れた家の写真を記録しておいて欲しいのです。
保険屋さんも商売ですので安く済まそうとします。
室内を片付けたらキレイになりやすく叩かれる場合があります。
ツライとは思いますが、写真は証拠になりますので、
ぜひ撮っておいて下さい。

それとメディアも義援金の口座を作っていますが、
メディアはバカなせいか口座名が長過ぎます。
コンビニに募金箱を置いて下さい。
(近所のコンビニはまだです。)

遺体を運ぶのは2人で運べますが、
マスコミがいるとブルーシートで隠すので10人ぐらいかかります。
メディアは自制してください。
私は3・11の1ヵ月後に被災地に行きました。
関東のスーパーは薄暗くて品物も少なかったのですが、
釜石のスパーは明るく棚には商品が溢れるほどありました。
メディアは絵になる悲惨なものばかり撮らないで、
正しい情報を伝えて欲しい。
(一応、写真家扱いされているもんで。)
posted by 風間健介 at 09:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火事場泥棒

 
体調が少し良くなったのでラジオを聞いていた。
大きな地震が多過ぎる。
北海道の内陸に20年住んでいたので地震は少なかったし、
震度5までしか経験していない
駆け足も出来ないし、2時間も水を待つことも出来ない。
避難所に行っても床に座ったり毛布1枚では寝れない。
(和式トイレも使えない。)

インフラの復旧も時間が掛かるだろし心配だ。
ちなみに館山に引越してきたのは冬で、
工事の関係で電気とガスが使えたのは1ヵ月以上も後。
幸い近所にコンビニがあったので助かったが、
一ヶ月以上の停電は寒いし暗いし辛かった。
(災害になったらコンビニも使えない。)

「ヘリの音がウルサくて防災無線が聞こえない」
「ヘリの音が余震に聞こえる」
ラジオで被災者が困っていた。
鬼怒川の時も3・11の時も神戸の時もヘリの音に
批判が多かったというか捜索の邪魔をしていた。

確かに悲惨な場所は絵になるし、
私の東北撮影も火事場泥棒みたいなものだが、
ヘリのパイロットには責任感や良心はないのだろうか。
速度違反のように免停に出来ないのだろうか。
(人命に関わるので悪質な社には処分すべきだと思う。)
報道の自由を叫ぶ人はどう考えているのだろうか。

今日は腰痛で新作の「ソテツ」のセレクトの日でした。
というか、また右目が腫れてきた。困った。

いろんな作品もあります。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
Save6540.jpg
posted by 風間健介 at 02:16| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

熊本地震

 
今9日の朝だが驚いた。
昨日は体調が悪く朝食からずっと寝込んでいた。
熊本の地震は知っていたがラジオも聞かなかった。
地震がこんなに続くとは想像もしていなかった。

茨城から房総沖にかけての地震を予想する人もいる。  
24日までに茨城沖から房総沖にかけて内陸でM5・0前後、
海底でM5・5前後、最大震度4程度
ウチの家は海抜34mだが古い家なので心配だし、
北海道と違って台風や強風があるので重い瓦屋根である。
(今回も古い家の倒壊が多いという。)

私は東北の撮影をした。
ほとんど流された町にも所々残っている家があったが、
それらはすべて新しい家だった。
鬼怒川崩壊の動画も見たが流されなかった家も新しい家だった。

いろんな作品もあります。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
Save6090.jpg Save6160.jpg
posted by 風間健介 at 10:15| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

イルフォード

 
暗室に入って新作「ソテツ」のベタとオーダーの「夕張」のプリント。
ベタやHP用のプリントはフジの全紙を六切りに切って使っていた。
しかし2倍以上の値上げ。
現時点で一番安いイーグルを使って驚いた。
感度がもの凄く違うのだ。
(しかし、いずれ製造中止になるだろうなあ。)

そして本番。
イルフォードの1Kというクールタイプの紙を使った。
ドキドキしながらテストピースを見たが、
「OK」と大声で叫んでしまった。

黒が黒く締まり、白が白く冴えて本当に印画紙だった。
あのオリエンタルやAD]はなんだったのだ。
しかし、体が持たず半分でダウン。
そして今日もプリントしたが楽だ。
昔嫌ったイルフォは高いが、マトモな紙だったからだ。

ただ問題もあった。
ネガの劣化である。
一応ネガにも長期保存の為のAgガードはしてあるが、
なんでやねん。

いろんな作品もあります。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
Save5844.jpg
posted by 風間健介 at 09:46| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

驚いたこと。

 
近所のソメイヨシノは葉桜になろうとしている。
それにしてもパーットした天気がなくいつも曇っているので
工夫やアイデアが必要だ。でも美しくは撮れない。

佐藤時啓さんの「光ー呼吸」は8x10カメラを使った銀塩だが、
撮り方がわからなかった。
しかし、幸村真佐男さんの撮り方もっとわからなかった。

一見何気ないカラーのスナップだが太陽の軌跡が写し込まれてい。
おそらく数時間の露光である。
フィルムの場合は数時間の露光で極端に色が偏る。
そしてスナップは一瞬である。
同じ画面内にあるのはどう考えても不自然だし、
デジは長時間露光に向いていないと思う。

今や携帯どころかスマホの時代だし、
パソの写真は写真ではないと思っていないし、
写真は非演出でなければいけないとも思っていない。w
私はアナログしか出来ないが純粋に凄いと思った。

そして、それよりもの凄いことを知った。
私は体も悪くてバイトが出来ず作品を買って貰い生きている。
一番買って下さってるのは所沢に住む経済学の幸村先生だ。
その幸村先生の弟さんが幸村真佐男さんだったのだ(幸村真佐男さんも先生だが。)
私は高卒以前にオールバックにレイバンのグラサンだった
そして幸村真佐男さんは隣の鴨川市に住んでいるというマジに驚きました。

いろんな作品もあります。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
SAVE1403.JPG
posted by 風間健介 at 23:53| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする