2016年06月16日

青い海と白いカメラ

 
近所の海の撮影で腰が大分県の板野友美。
体の弱さとオトロエに心も折れた。
(昔は鳶さんにスカウトされたのだが。)

海を考えていた。
私は魚で一番好きな鮎のいる川も好きだが海も好きだ。
実家は三重だが車は無く海は贅沢なものだった。
(父は国鉄職員でそれなりに金はあったと思うし、
カブの事故でボケて死んだ。)
だから旅をしていた時も海沿いだったし、
徒歩30秒で海が見れる6DKの豪邸を気に入っている。

しかし、若い頃撮った海と今は違う。
岩ばかり撮っ。
海によって作られた岩場だが「海へ」とタイトルをつけた。

それにしてもコンデジってオカシイ。
友人の写真家に貰ったもので本当に感謝しているが、
海の青が異常に美しいのだ。
確かにデジはフィルム代も現像代も掛からないので
もの凄くありがたい、美し過ぎる。

しかし、、自動的に美しく撮ってくれるカメラは楽でいいなあ。
携帯メールも打てないがデジカメもいいなあ。
フィルム代や現像代も掛からず美しく撮ってくれる。
カラー用にデジ一眼をヤフオクしようかな。
う〜ん、買うとしたら絶対白色のペンタックスだ〜。

私は作品を販売しています。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
ブログ用 004.jpg
posted by 風間健介 at 09:48| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする