2016年07月21日

眼とちび。

 
両眼が情けない。
しかし寝過ぎても腰が痛くて何の作業も出来ないし、
人間って24時間眠れないからツライ。

運動がてらギャラリーの畳で横になった。
欄間に並べた昔描いた絵を見た。
叔父は売れない画家だった。
常識の無い子供は南沙織のポスターを渡した。
叔父は描いてくれたが、
感謝の気持ちより才能の無さを思い知らされた。
だから写真に行ったと思う。
しかし、視力が消えるのなら描きたい。

上のブログを書いて数時間だが眼が痛い。
チビの恨みか。
いやチビは体調の悪い時は顔を舐めてくれたし、
毎晩ベッドで寝ていたし。

いろんな作品を見れますし、購入も出来ます。
お気軽にご連絡下さい。(返金もいたします。)
http://kazama2.sakura.ne.jp/
ブログ用 009.jpg
posted by 風間健介 at 03:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする