2016年08月20日

機材の話を少し。

雲が美しい。
昨日のブログに載せたバルブしか使えない赤ペンタを持って
スクーターで海に行った。
しかし、1枚も撮れなかった。
昨日のブログ写真では足先だけの腫れ(むくみ)だったが、
太ももの半ばまで腫れまくっていて
磯への階段が降りられなかった。
狭山でも一度足が腫れたことがあるが足首以下だったし、
原因不明です。(平らな所は歩けるが足首は30度だけ。)
友人からマミヤのRBのセットをもらえます。
カメラが無くても作品は作れるし作曲も出来るが、
やはりカメラは必要だし、65ミリや127ミリのレンズが楽しみ。
RBは自動露出ではないがフィルムバックを縦横回転させて撮るので
カメラ自体の縦横は関係なく、三脚にセットした時の移動もない。
(久し振りに露出計を使うが、眼の痛みも忘れるよ。)
スパイク長靴はアマゾンした。
適度の三脚も必要と思っていたが、中型ジッツオで間に合った。
(三段目を20cm程伸ばして固定して2段目で調整するやり方ね。)
しかし、マンフロットの三脚は美しくて欲しいと思った。
http://www.yodobashi.com/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88-
Manfrotto-028B-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3%E4%B8%89%E8%84%9A/pd/100000001000927796/
http://www.yodobashi.com/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88-
Manfrotto-MVT502AM-%E4%BC%B8%E7%B8%AE%E5%BC%8F%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%
E4%B8%89%E8%84%9A/pd/100000001001490056/
いつか金が出来たら買いたい。
35ミリは使わないがOM−2のシルバーは最高に美しいと思う。
以前使っていたが、誰にやったのやらわからんが35は撮らないので
安くても買えない。
デジには関心が無いが、ペンタックスの白は欲しい美しさだ。
ちなみに私は性格的に自由雲代を使っていてパン棒って馬鹿だと思っている。
しかし、マンフロットのこのギア式は一番合理的だと思う。
http://www.yodobashi.com/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88-
Manfrotto-410-%E3%82%AE%E3%82%A2%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%
82%A2%E9%9B%B2%E5%8F%B0/pd/100000001000744718/
気に入っていたがキレイなネーちゃんにあげた。(値段見たら倍になっていた。)
今欲しい集散式の高級なフジの引き伸ばし機も展にきた可愛い子にあげた。
現在は35、6になっているだろうか。(結婚して欲しかった。)
それにしてもふくらはぎの張りが凄い。
オリンピックは好きではないが、
レスリングの登坂絵莉って可愛いなあ。
ちなみにバイクと違ってスクーターは三脚を運びやすいです。
そして内地の狭い道もラクラクです。
お願いします。作品を買ってください。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
posted by 風間健介 at 15:50| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンタ67と体

今頃になって体中が痛い。
ヌルヌルの岩場での転倒と書いたが、
一瞬宙に浮いて岩場に叩きつけられたのだ。
あばらも痛くてあたり前だがカメラが壊れて、
「早起きは三文の得」どころか大損である。
「転ばぬ先の杖」という言葉も知っている。
今日使った三脚はジッツオのCREMAILLERE3という貰い物。
少し華奢だったので今日初めて使った。
しかし、もの凄く使いやすかった。
杖にもなったがカメラを乗せていた。
若い気持ちというか北海道が長かったので
長靴さえ履けば滑らないという思い込みがあったと思うが、
体も財布も痛いよ〜。
(夕張でも結構滑ってコケてましたが。恥)
私のメインカメラはペンタの67Uで、
10年前に新橋で12万で買った中古である。
私は作品だけなのでそれほど撮りまくるタイプではない。
しかし、一度もオーバーホール(点検)をしたことがない。
今回はオーバーホールしてあげたい。
というかすべて児童露出(ナイス変換?)で撮っているので
オーバーホールは必要である。
というか67Uは製造中止なので予備機が欲しい。
しかし、ヤフオクでも67Uは昔より高い。
マミヤのRZやRBは安いのだが。
ただマミヤの67は欲しい部分がある。
ペンタのレンズは45、55、75、105、135、だが、
マミヤは50、65、127他ある。
こういう画角は試して見たい。
日本ではニコンやキャノンが昔から人気がある。
しかし、私はペンタとマミヤを高く評価している。
ニコンキャノンは35ミリしか作っていない。
いくらニコンキャノンのレンズが良いと言っても
67の画質には負けるし、
日本人はツアイスやライカやルイビトンの方をありがたがる。
それにスマホに負けてると思う。(笑)
館山市街に行った。
イオンタウンにはカメラのキタムラがあるからだ。
ペンタのサービスセンターは21日まで夏休みだし、
宅配便代を考えると館山の小さな店の方がよいし、
市街にはイオンだけでなく安いスーパーがあるのだ。
今日はまず作業服の店に行った。
アマゾンでも調べたがスパイクブーツを試し履きしたかった。
(2980円くらいであったし、アタッチメント式は980円)
私はファッションに関心が無い。
女性の薄着は好きだが蚊や虫が嫌いだ。
夏は長袖の薄着でポケットの多いシャツが良い。
(シャツ探しに苦労してたが正解は作業服店です。
そして靴もブランド物より独特のものがあって魅力です。)
カメラの修理には1ヶ月以上掛かるようだ。
それは仕方ないし、その間は絵も描ける。
ただパートっぽいオバサンが詳しいのに驚いた。
日本は大企業でも時間や個人あたりの収益は極端に低いという。
正社員や役人どもとやらは何をやっているのかというか、
この国はもう伸びないと思った。
ウチには後期型の67もある。
シャッターが壊れバルブだけで作品を作ってたが、
結構カメラ雑誌に載っていた。
今残っているのはこの赤ペンタだけ。(コンデジは別ね。)
久し振りにこいつで作ろうと思う。
スパイクブーツを買ってからね。w
さらに困った。
狭山でも経験したが、両足首が象の足になった。

お願いします。作品を買ってください。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
ブログ用 012.jpgブログ用 014.jpgブログ用 014.jpg
posted by 風間健介 at 02:55| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする