2016年09月23日

tukareta 疲れた

写真家の友人が来てくれた。
私は写真界で嫌われているので名前を出せないが、
マルチグレードのフィルターを持ってきてくれた。
そして彼のスタジオでのビューの為に私の「ドローイング」を
もっていって貰った。
写真ではない「ドローイング」にどんな評価が出るかが
友人も楽しみのようだ。
友人に心から感謝したい。
私は嫌われてる。井の頭公園等で安く売っていたし、
写真の価格破壊をしてたらしいが、
テメエらは写真の売買もせず先生してるだけだろう。
今は体が弱いけど言いたいことは一杯あるし、
雑魚は風間を怒らすなよな。
え〜と、私は賞を獲っている方だと思う。
しかし、写真の本質は賞ではないと思う。
写真賞の多くは写真集で判断される。
赤々舎は別にして多くは自費だし部数も少ない。
(意味があるのだろうか。)
写真協会のブロンズは良く出来たものだが、来客びっくりです。
このブロンズは薄くて漬物の重しにピッタリなのです。
多分こんな使い方してる人はいないと思うけど、
緑青一杯だけど冬場に白菜と柚子を漬けたら美味いよ。
(それと協会のOLさん美人だよ。だから嫌われるのかな。)
いろんな作品がありますし販売もしています。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 ブログ用 051.jpg
posted by 風間健介 at 19:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミノルタアルファ


今朝も起きたら8時だった。
普段は4〜5時なので風邪がヤバイ。
(その分眠れているのだけど。)
蓮舫さんの初めての街頭演説が巣鴨で行われたという。
街頭演説では、人口減少と高齢化の進展を念頭に
「これからは、この国の主役が65歳以上になる。そんな日本をつくろうじゃないか。
人口減少、高齢化の何が悪い」と訴え、歯切れの良い“蓮舫節”を全開。
「人生の先輩方がどうやったら元気で、長く、自分らしく生きることができるのか、
大きなかじ取りをさせていただきたい」と訴えた。
 
私は二重国籍等は問題にしていないが眩暈がした。
本物の原宿では正反対のことを言うのだろうが。
一票の格差は有名だが、それは田舎と都市部の格差である。
そしてそれは改善されようとしているが、
年代間の格差の問題も大きいと思う。
 
ラジオで大竹まことが「年寄りは選挙に行くな」と言った。
怒られたそうだが、私は大竹さんの大ファンになった。
(ウチの大家さんは年下だが大竹さんです。)
選挙は年寄りの楽しみだし、ラジオを聞いているのも年寄りだが、
年寄りは2分の1票もしくは参考票でよいと思うし、
私の体は70代ですが。
 
友人に借りたミノルタの@507をいじっていた。
当時は一番使いやすく理想のカメラだと思っていた。
今はソニーだが元々は実る田だが初の両優先オートのXDも使っていた。
しかし、根本的に、、
なぜ昔のカメラはグリップを作れなかったのだろうか。
私の記憶ではキやノンAEー1からグリップが付いたと思う。
私は当時ペンタのKXを使っていたが即座にプラスチックでグリップを
作りボンドした。(今もボンドで作品を作っているのがおかしいが。)
 
一応いろんなカメラを使っていたが、完璧なカメラはないと思う。
特にニコンやキャノンやミノルタのフラッグシップ機は重いだけ。
(プロ用はシャッター10万回だから仕方ないけど)
ある著名な戦場カメラマンは私も愛用していた
ニコンFEを使っていたそうだ。
ニコンF2等のプロ用カメラは敵も知っていたらしく
身を守る為の中級機。(F3は使いにくいクソカメラ)
プロ機種と言っても緊急時に弾が出るわけでないし、
これぞ知恵だと思う。
(一応プロ機種のシャッターは10万回で
中は5万回で初心者用は1万回言われている。)
それにしても@507はピントの切れがいい。

というかAFだったんだよね。
いろんな作品がありますし販売もしています。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
posted by 風間健介 at 03:56| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする