2016年10月11日

琥珀

琥珀が来て1週間だが400グラムが500グラム。
ウチは貧乏なのに。
ちなみに私は朝と晩は漬物と味噌汁で
昼はラーメンです。
私の体重は変わりません。
 
それにしても琥珀は隠れすぎ。
チビはもっと堂々としていたぞい。
ちなみにチビは厚かましく私の布団の上で寝てた。
チビと琥珀がいればいいなあ。
(嫁はあきらめている)
ブログ用 036.jpgブログ用 038.jpg
琥珀は生き物で私室に飼っている。
でもたまにチビと言ってしまう。
私は人間でウンコは汲み取りで夕張の倍だ。
私は鼻が悪いので琥珀のウンコを見つけづらい。
今日見つけたのは私の枕の50cm先で
知り合いの写真集の上。
きまづいというか困った。
posted by 風間健介 at 11:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

琥珀〜

生後1ヶ月の琥珀はまだ日本語は通用しない。
しかし、私の生活は今琥珀優先である。
というか物陰に隠れた琥珀に「こは〜」と叫んでいる。
私が酒を飲み始めたのは15の頃である。
しかし琥珀は生後1ヶ月で飲んだ。
(ふらつきもしないし。)
相手にされない部分も大きいが本当に自由気ままで、
振り回されている。
ちなみにスーパーに行くと黒くなった特売のバナナ優先。
しかし、5、2畳の部屋を探しても出てこない。
俺を嫌わないで欲しい。
久し振りに隣の家の子と話し琥珀を見せた。
母親と違い驚きもしなかったが、私は驚いた。
昨年は笑うパンダをクリスマスプレゼントしたが、
今年は本人の希望を聞こうとした。
しかし、この子は物欲が無いのだ。
ママさんも誕生日やクリスマスに困っているというし、
コンビニに行ってもお菓子をほしがらないという。
私も物欲が無い方だが、普通4歳児で物欲ないって
お釈迦さんやろ。
理解出来ないがいいお隣だと思う。
でも安保世代のジジババよりは信用出来るが。笑
 
ブログ用 032.jpgブログ用 026.jpg
posted by 風間健介 at 18:12| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

酒(拡散希望)

困った。
酒を飲んでいる。
私は15の頃から毎晩ボトル半分を飲んでいたし、
メチャクチャやっていたが、
生まれて1ヶ月の琥珀が焼酎の麦茶割りから離れない。
私は自由を尊重する方だがこれは不味いと思うし、理解不能。
 
ブログ用 025.jpg
posted by 風間健介 at 01:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身近なもの

晴れたり降ったりのオカシナ天気。
私は木々や海や身近なものを撮っている。
(また室内で平面を作っている。)
車がないからだというのは冗談だが、
身近なものが一番コスパと質が良いと思う。
 
若い頃は軽のワンボックスに機材と寝袋を積んで
日本中廻って撮影していた。
釣りをしたり潜ったり美味しいものもたくさん食べた。
しかし、一番困ったのが天気(光)である。
 
いくら美しい風景でも美しい光がないと押せなかった。
1週間車の中で待機したこともある。
下手に動いてもガス代が掛かるだけだから。
本を読むか酒を飲むしかなかった。

毎回神田で1冊50円の文庫本を大量に仕入れていた。
ちなみに当時は地方にコンビニはなかった。
しかし、当時も海はコンクリばかりで美しくなかった。
とはいえ身近なものを撮るということは、
最高の光の時に撮れるということだ。
(無職状態だから出来ることですが。)
 
父は車を持っていなかった。
父は国鉄職員で10キロ先の亀山駅へもホンダのカブ。
海を見るのは年に一度の町内会の潮干狩りだけだった。
今私はスクーターで5分の海。
いいものを撮りたい。
 
作品を買って貰ったので買い物が出来た。
市街の安いスーパーと産直市場で館山に来て初めて大好物の梨とサザエを買った。
とは言ってもサザエは小型3個で402円。
刺身にしようもないのでつぼ焼きです。
(刺身だと北海道のつぶ貝の方が美味いと思います。)
梨は2個242円の小型。東京に較べて産地のこっちは高いです。
(それにしても野菜が高すぎ。それにヨドバシの印画紙高過ぎる〜)
琥珀はまだ1ヶ月だしウチに来て数日。
琥珀なりに私室を探検している。
そして梨の芯を美味そうに齧っている。
いろんな作品がありますし販売もしています。
モニターによっては埃のようなものが見えますが、
実物は美しいし私はすべてアナログです。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
ブログ用 024.jpg
posted by 風間健介 at 01:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

ミノルタのカメラ

久し振りに海に行った。
(もちろんコケないようにスパイクのついた長靴でね。)
相変わらずスクーターに乗ると激痛が眼に来るので、
片目づつ交代で運転。(室内では痒みだけなのだが。)
 
今日はミノルタアルファースィートで24〜50ミリ。
(スィーツではないよ。)
今日もAFでシャッター速度優先。(広角だし手持ちは慣れてない。)
ペンタでない理由は整理のことを考えてです。
 
私はテーマやモチーフごとにベタをまとめている。
だから1本のフィルムに樹と海が混ざっていると非常に困るのです。
借りたつもりだったが、3台貰えて本当に助かってます。大感謝。
(もう1台はアルファーの中級機507で100〜300を使って
波を撮ろうと思っている。)
 
カメラは入門機、中級機、高級機と分けられる場合が多い。
素人用、アマチュア用、プロ用とわける人もいる。
わける基準はシャッターを中心とした耐久性と言われる。
それぞれ1万回、5万回、10万回が基準と言われている。
プロ機は信頼出来るという人も多いが、
私は入門機を2台持った方が安心だと思うのだが。
 
今日のアルファーも小型軽量であるが、
露出補正のボタンはペンタより押しやすく助かった。
ただ全体的にはペンタの操作性の方が好みかなあ。
ちなみにミノルタアルファー7000が一番最初に作られたAFで
大ヒットした。(コンパクトはジャスピンコニカですが、高校の修学旅行は
ピッカリコニカ全盛。しかし、修学旅行で多くの若者がカメラに
目覚めたのではないだろうか。)
 
ミノルタは中高年の眼の衰えを考えてAFにしたので、
売れるとは思っていなかったらしい。
しかし、日本人は写真よりカメラが好きだし、
新機能や多機能が好きなので大ヒットした。
私はスクーターに乗る時以外はメガネを掛けないし、
67やペンタMZと違ってウチにあるミノルタは視度補正がついていない。
歳のせいかAFは必要だね。
 
それにしても35ミリは36枚なので楽だなあ。
装填も蓋を閉めるだけだし、自動巻き戻しだし。(笑)
しかし、変わった。
昔ならバンバン撮っていたが、今は経済的事情もあり1枚1枚じっくり。w
67(10枚撮り)ならその日のうちに現像出来たが、
36枚撮りを現像するのは何日も掛かるだろう。
(小さなタンクは人に貸したまま返って来ないので6本用しかない。)
それにしても35のズームは楽だなあ。
 
いろんな作品がありますし販売もしています。
モニターによっては埃のようなものが見えますが、
実物は美しいし私はすべてアナログです。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
Save2418.JPG
posted by 風間健介 at 00:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする