2016年10月05日

35ミリカメラの理由

天気が悪いし印画紙がないので、
「デッサン」を描いたり、ギターを弾いたり、
ペットや35ミリカメラを触ったり、
家の前の竹を切って来て琥珀の遊び場も作っていた。
 
35ミリカメラを借りたのだが貰えることになった。
で、なぜ35ミリカメラが使いたかったのかを書きます。
久し振りに粗粒子の写真を撮ってみたかったのです。
 
今は持ってないけど粒子や階調の美しさなら4x5(インチ)だ。
アオリ等の変化も使えて撮影は楽しいしね。
しかし、動きのある被写体には向かないし、
フィルムの装填や現像もメンドクサイのである。
 
そして、美し過ぎると思うのだ。
焼き物で言えば九谷の絵皿のように感じるのだ。
その点35ミリを増感してプリントすると伊賀や信楽のように
感じるのです。そして私は伊賀や信楽の膚が好きなんです。
(今400gの琥珀が肩に乗っています。w)
 
さらに35ミリは軽いので他のレンズも持てるし三脚も要らないので
楽しく撮れると思うし、枚数も撮れるしコストも安い。
(昔に較べたらフィルムはバカ高いけど。笑)
そして撮るものも撮り方もほぼ決まっている。
(あとは天気です。)
 
ペンタもミノルタもとにかく軽くて使いやすいのだが大きな違いがる。
それは色である。(ウチにあるヤツの話ね。)
デジカメもそうだが、プロ機と言われるのは黒が多い。
しかし、35ミリはシルバーの方がカッコイイと思うし、
黒ばかりのカメラを見ると気持ち悪くなる。
(外で撮る場合67はかなり熱を持つしね。)
 
いろんな作品がありますし販売もしています。
モニターによっては埃のようなものが見えますが、
実物は美しいし私はすべてアナログです。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
ブログ用 008.jpg
posted by 風間健介 at 21:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

琥珀をお披露目します。

朝から降ってきそうな空模様。
曇りは曇りの良さがあるし、雨には雨の良さがあるが、
私は光がないと撮れない。

「デッサン」を描きながら琥珀(メス1ヶ月400g)を
肩や膝に乗せて遊んでいる。
私はデジタルはコンパクトしか持っていないし、
ガラケーで撮ったこともない。(ガラケーメールも打てない。)
しかし、ストロボを使った時のタイムラグが大きいと思う。
 
と言い訳メイビーして、琥珀をお披露目いたします。
今はまだバナナしか食べれませんが、よろしくお願いいたします。
 
いろんな作品がありますし販売もしています。
モニターによっては埃のようなものが見えますが、
実物は美しいし私はすべてアナログです。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
ブログ用 015.jpg
posted by 風間健介 at 11:36| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする