2016年10月09日

酒(拡散希望)

困った。
酒を飲んでいる。
私は15の頃から毎晩ボトル半分を飲んでいたし、
メチャクチャやっていたが、
生まれて1ヶ月の琥珀が焼酎の麦茶割りから離れない。
私は自由を尊重する方だがこれは不味いと思うし、理解不能。
 
ブログ用 025.jpg
posted by 風間健介 at 01:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身近なもの

晴れたり降ったりのオカシナ天気。
私は木々や海や身近なものを撮っている。
(また室内で平面を作っている。)
車がないからだというのは冗談だが、
身近なものが一番コスパと質が良いと思う。
 
若い頃は軽のワンボックスに機材と寝袋を積んで
日本中廻って撮影していた。
釣りをしたり潜ったり美味しいものもたくさん食べた。
しかし、一番困ったのが天気(光)である。
 
いくら美しい風景でも美しい光がないと押せなかった。
1週間車の中で待機したこともある。
下手に動いてもガス代が掛かるだけだから。
本を読むか酒を飲むしかなかった。

毎回神田で1冊50円の文庫本を大量に仕入れていた。
ちなみに当時は地方にコンビニはなかった。
しかし、当時も海はコンクリばかりで美しくなかった。
とはいえ身近なものを撮るということは、
最高の光の時に撮れるということだ。
(無職状態だから出来ることですが。)
 
父は車を持っていなかった。
父は国鉄職員で10キロ先の亀山駅へもホンダのカブ。
海を見るのは年に一度の町内会の潮干狩りだけだった。
今私はスクーターで5分の海。
いいものを撮りたい。
 
作品を買って貰ったので買い物が出来た。
市街の安いスーパーと産直市場で館山に来て初めて大好物の梨とサザエを買った。
とは言ってもサザエは小型3個で402円。
刺身にしようもないのでつぼ焼きです。
(刺身だと北海道のつぶ貝の方が美味いと思います。)
梨は2個242円の小型。東京に較べて産地のこっちは高いです。
(それにしても野菜が高すぎ。それにヨドバシの印画紙高過ぎる〜)
琥珀はまだ1ヶ月だしウチに来て数日。
琥珀なりに私室を探検している。
そして梨の芯を美味そうに齧っている。
いろんな作品がありますし販売もしています。
モニターによっては埃のようなものが見えますが、
実物は美しいし私はすべてアナログです。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
ブログ用 024.jpg
posted by 風間健介 at 01:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする