2016年11月15日

老人達

腰痛酷く静養。蕁麻疹も酷い。
両足がむくむ蜂窩織炎になった時に大家さんに色々薬をもらった。
その中に蕁麻疹の薬があり飲んでいるが本当にありがたい。
 
大家さんというと大抵高齢の人と思われるが私より少し若い。
私は携帯も使いこなせずメールもシャメも出来ない。
その私が館山のこの家を決めたのはネットだった。
伊豆や房総は人気があり高かった。(私が貧し過ぎるのだが。)

しかし、館山に6DKで2万の家があった。
決めたが翌日見ると1万5千円で即電話した。
私は独身だが暗室や制作があるのでとにかく安くて広い所。
館山のことはよく知らなかったが大家さんがいい人で、
本当によい家に引っ越してきたと思っている。
 
しかし、心配していることもある。
最近老人の交通事故が取り上げられているが心配である。
というか、老人達は狂っているのではないか。
10人以上この家を見た人がいたらしいが、
「いくら安くても酷すぎないか」
「こんなのを出すのか」
「蜘蛛がいた」
私は変わり者扱いされるが、この10人以上の老人達は常識があるのだろうか。
一票の格差をなくしてほしい。
老人は2分の1票、もしくは参考票にしてほしい。
 
日本カメラ11月号に「ソテツ」が5ページが
掲載されています。
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
ブログ用 003.jpg
posted by 風間健介 at 02:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする