2016年12月13日

夏ミカンと。。。


ここ藤原は館山でも田舎で静かであるが、
今朝はエアコンがウルサイというかパニックになった。
スイッチを切ってもガタガタウルサイ。
確かに9年ものだし、使ってないのが2台ある。
多少大工仕事は出来るがエアコンは素人である。
室外機に行ったら蔓が入っていた。
取除くと静かになって財布も安心した。
しかし、ミカンもわからない。
お金が入った時は館山市街のスーパーを廻るのだが、
一軒目のイオンは4・5キロで980円で買っても良かったが、
他の店も行くしスクーターではキツイのでパス。
2軒目は地元の直販だが変わったミカン2個100円で売っていた。
レモン色なのである。(初めて見たわい。)
3軒目は伊豆の高級タイプで柿色で共にミカンの事を知りたく、
買いたかったがウチには夏ミカンの木があり、今年は左門豊作である。
そして、温州みかんの木を植えたばかりである。
しかし、夏ミカンのことがわからない。
子供の頃は母に皮や袋を剥いて貰い砂糖をかけて食べていた記憶がある。
しかし、その季節が記憶にないのだ。
今、ウチの夏ミカンは美味しそうな黄色をしている。
しかし、今は12月で冬である。
まあ元々原種なので酸っぱく砂糖を掛けないと食えないが、
いろいろ調べたがいつ食えば一番美味いのだろうか。
ちなみに皮は砂糖醤油に漬けて美味しく食べてます。
普通のミカンはミジン切りにして味噌汁やラーメンに入れてます。
ミカンの皮は炒ると風邪薬にもなります。
それにしてもこの2年間実がならなかった樹にもなってるのも、
柿がならなかったのも私が結婚出来なかったのも不思議である。
(結婚で不幸になったという友人は多いが、一度は結婚したかった。)
37度9分で死んでいます。
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。ぜひ買ってください。
http://kazama2.sakura.ne.jp/ブログ用 021.jpg
posted by 風間健介 at 17:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする