2017年01月05日

レタス

最近レタスとタマネギを小さく切ってマヨネーズであえて
コショウしたものを8枚切りの食パンに挟んで食べている。
簡単だしサッパリしていて気に入っている。
旅の時に釧路の食堂でレタスの味噌汁も食ったことがあるし、
砂肝を炒めて最後にレタスを入れ歯ざわりを楽しんだ事もある。
 
今日はレタスを焼いた。
しかし、これは絶対に食えない。
オーダーだが初めてバターではなくバライタで焼いた。W
今日のレタスは家の前の畑に捨てられたレタスのハネ品や
外葉で堆肥用である。(食べれるものは食べている。)
それが乾いて茶色くなったものを水で戻して本に挟んで
平面を出してネガにしたものである。
ただその乾いたレタスはガラスに挟んで固定するので、
レタスからのゴミが取り出せないのだ。
しかし、自分でいうのもなんだけど美しい。
(もちろん、修正します。)
 
風邪と腰痛が酷かったが夢も落ち着いてやっと行動開始。
相変わらず眠りは浅く、ビルからの夢を見ると飛び起きるし、
酷い耳鳴りがありラジオを常につけているが、
ラジオに小池さんが出ていたせいか小池都知事が夢に出てきた。
セコイ枡添やセクハラ鳥越の100倍良いが微妙である。
 
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
Save2707.JPG
posted by 風間健介 at 12:37| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直な歴史を言いたい。

明日は寒いというので体調は悪いがスクーターに乗った。
ラーメンと米はあるが野菜が無いしトレペが切れた。
ちなみに今日の写真はイスラム国でもフェイスブックでもなく、
バイク用のフェイスマスクである。
上は5枚だし下は暖かいタイツと冬用のトレーナーと
防寒ズボンでスクーターは30キロだが寒くて参った。
かといって行動範囲は狭いので車は必要ないし、
雨の日は撮らないしね。
 
多少歴史は知ってるつもりだったが、長崎のFBFの文を見て猛省した。
私は長崎の教会群が世界遺産になったのを喜んでいた。
私は宣教師達が日本人に殺され、隠れキリシタンがキリスト教を
守っていたと思い込んでいた。
(美しい教会群を撮ってた写真家もいた。)
 
火薬や銃が欲しくて女を売っていた存在がいたのは知っていたが、
宣教師達は日本の仏教徒を殺しまくり、寺社を燃やし、
女や子供を売り飛ばしていたそうだ。
(火薬一樽50人。)
宣教師のすることではないし、秀吉が怒ったのは正しい。
(少なくとも教科書には載っていなかったし、
キリシタン大名が美化されるのは可笑しいね。)
 
長崎の教会群は美しく金が掛かっているとは思っていたが、
宗教よりコショーを売るためや、
肌の白い日本女を売るためだったとは知らなかった。
(インドとかにも売られていたらしい。)
 
夕張でも事実は180度違った。
誤った認識が根本の長崎の教会群なら正しい史実を知らせて、
世界遺産を辞退するべきではないだろうか。
もしくは世界遺産になることにより正しい歴史を知らすべきである。
 
歴史認識の誤りは多いし、
それらで利用されることは多くの日本人は知っているだろう。
南京で30万人を殺したと言う人はなぜ
ヒロシマで50万人が殺されたと言わないのだろうか。
ソビエトも東ドイツも崩壊したのに、
なぜ日本に住む人が日本人を蔑むことを言うのだろうか。
(南京のトーチカでは鎖に繋がれた若者が銃を撃っていたという。)
 
私は夕張で朝鮮人相手の売春婦の婆ちゃんと親しかった。
しかし、日本人に対する恨みは無く感謝された。
確かに円が欲しい人というか家族もいるだろうが、
被害者だと言われている人達が生きている間に、
正しき決着をすべきである。
多くの人がセウィル号の船長のような人ばかりではない。
基本は事実だと思っている。
 
ヨーロッパでは中国と違ってホロコーストの後は多い。
それは事実だが、
ヒトラーは悪の元締めと言われていて、
アウシュビッツでは400万人がガス室で殺されたという。
しかし、アウシュビッツが使われたのは2年で、
そんなガスも埋める余裕もないと思われる。
それにドイツ国民はすべてセウィル号なのか。
 
私は狭山の入間川に住んでいた。入間基地の滑走路に近かった。
確かに騒音はあったが文句を言う人達は、
騒音ゆえ安いのに引っ越してきた人達だ。
私は意味がわからないし、
私はオカシナ思想はないが勇気を出して書いた。
 
ブログ用 036.jpg
posted by 風間健介 at 01:38| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする