2017年01月07日

面白い写真

作業が出来なかったのでパソの画像のチェックをしていました。
面白い写真を見つけました。
38年ほど前の写真ですが、当時はミュージシャンを撮っていました。
高校の頃はレイバン&オールバックでマトモではなかったし、
白の3Pと黒のシャツに白のネクタイと白のエナメルで
津の飲み屋街でもどこかの二代目と言われヤクザが逃げていった。
今は病弱ですが。www 
古い写真は面白いですね。今はスーツ一つ革靴一つも持っていません。
ちなみに父親が死んだことも知らされていませんでした。
 
Save5584.jpg
posted by 風間健介 at 23:50| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩んでます。苦しんでます。

砂浜を歩いたせいか仮眠から起きると酷い腰痛で
今夜のプリントは諦めた。
体調が悪いのは毎度の事だが、
レタスのプリントが怖い。
友人のブログを見てさらに恐ろしくなった。
彼はエディション(番号)をつけるので一度に20枚焼くようだが、
箱を変えたとたん多諧調フィルターが1号も違ったという。
いろんなカットごとに20枚焼くのはお金も掛かるし、
置き場の問題も生まれる。
オーダーがある度に焼いて続きのエディションをつける人も
いるが、同じ液と液温でも同じものが焼ける可能性は無い。
(もちろん連続してプリントしても液は劣化するが。)
 
それにしても、HPや原稿用の六つ切りと大四つは拡大率が
違うので大四つには1・4倍ほど露光時間を掛けるのだが、
レタスの場合2倍以上になるのがわからない。
メーカーの違いがあれRCはバライタより0・5号ほど
コントラストが高い。
しかし、レタスの場合1〜1・5号ほど違う。
そしてバライタはサンプルにしているRCと違って眠いのだが、
眠すぎるのだ。
(同じ液を使っているのに。理数系は本当に弱いです。)
 
昨年は2種の印画紙で眠さに苦しめられた。
だから高いイルフォードを使っているのだが、
今使ってる箱が駄目なのか。
本当に頭がパニックになっている。
こういう時の為に集散光式の引き伸ばし機はヤフオクした。
散光式に較べると明るく半分ほどの露光時間で焼ける。
しかし、それはフィルムのブローニーまでしか焼けない。
レタスはガラスに挟んでありサイズが大きく使えないのだ。
チビ〜助けてくれ〜。(寝込んでる時はいつも顔を舐めてくれた。)
 
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
n 017.jpg
posted by 風間健介 at 22:14| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬と春とミノルタ

結局昨夜は眠れず早朝に煙草を買いに行った。
停まっている車の窓が白かった。w
朝飯食ってパピトールという現像液を作った。
(今日は上手くいってくれよ〜。)
 
仮眠をとったら空は明るく暖かく春だと思った。
気分転換のためにもスクーターで海に行った。
今日の相棒はミノルタアルファースイートではなく、
アルファー507だ。(今はソニーか。)
スィートは小型軽量だがチト相性がよくない。
操作がイマイチわからないし、
それ以前に老眼だから小さな文字が見ずらいのだ。
 
507を実際に使ったのは初めてであるが、
適度なサイズで28−105ミリとのバランスも良い。
(理想的には24−105が良いのだが。)
児童露出(ナイス変態変換)の場合は露出補正を多用するが、
507はダイアルが二つありマニュアル時が一番使いやすい。
シャッター速度優先や絞り優先やプログラムの場合の
露出補正は左肩の露出補正ダイアルを使うので不便である。
 
30年以上前の3針式の露出メーターが一番が一番使いやすいと
思っていたが、507のマニュアル時の2ダイアルはファインダーから
眼を離さず露出補正より早く、今まで使ってきた35ミリでは
ベストカメラだと思う。ただシルバーが欲しいけど無理だなあ。
ちなみに一番使いにくかったカメラはニコンのF3である。
(成績は良いが頭の悪い人が作ったカメラだった。)
 
とウンチクを語っても撮れたのは1時間半だけ。
このところ寝込んでいたので腰が持たなかった。
言い訳ではないが、砂浜を歩くのはアスファルトの数倍疲れるのだ。
しかし、507だと海に行くのが楽しくなるね。
それにしても日本のカメラは機能が多過ぎだと思う。
と言っても今時フィルムカメラを買う人はいないと思うが。
これは車や他の電化製品にも言えると思うが。w
 
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
ブログ用 037.jpg
posted by 風間健介 at 14:36| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エマルジョンについて

久し振りに酒を飲んだが眠れない。
昨日のプリントの失敗のことばかり考えていたが、
暗室に詳しい友人のFBを見て萎えた。
 
友人もイルフォードを使ったのだが、
エマルジョン(性能)の違いに驚いたそうだ。
同じロット(番号)を大量に買うならよいが、
貧乏人は高くなった印画紙を一箱づつ買うしかない。
箱ごとに性能が違ったらそりゃ上手く焼けんわな。
 
印画紙って製品だけど結構いい加減なものもある。
一箱すべて同じ場所に傷があったこともあるし、
昨年は2種類の印画紙に泣かされた。
大四つ50枚22240円がパーだと泣くに泣けないよ。
 
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
Save2725.JPG
posted by 風間健介 at 04:51| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする