2017年01月18日

世界遺産

阪神淡路大震災から22年だが、
記憶力が弱いので22年経ったとは思えない。
それ以前にテレビや新聞が無い時代が長かったので、
阪神淡路の記憶はなく、バイト先で「神戸たいへんだなあ」に
「なにかあったんですか」と聞いたぐらいである。
当然変な顔されたが、事実を知ることの重要性を覚えた。
 
長崎のFBFから教会群のことを知って自分の無知さを恥じている。
殉教の美しいイメージが強かったし、
島原には友人の先輩達がいて滞在していたのに、、、。
島原の人の多くがキリスト教になり、
奴隷として売られていったのは知らなかった。
秀吉の伴天連追放や家康の鎖国が正しかったのを知らなかった。
確かに長崎の教会群は美しい。
(金の出所には疑問を持っていたが。)
その影で多くの女達が火薬と交換に売られていった。
(50人で一樽という。慰安婦どころではないし、
恥ずべきキリシタン大名どもである。)
社会の成績は良かったが教科書は嘘ばかりだった。
 
長崎の教会群を世界遺産にすべきでないと思うようになった。
炭鉱の歴史もそうだが真実が重要だと思うし、
世界遺産は当初観光になるが、恥の上塗りは辞めた方がよい。
もし長崎県や文化庁がが世界遺産に動こうとするのなら、
正しい事実こそ訴えるべきである。
写真は雲仙噴火後の水無し川です。
神戸の前だったので金が入って良かったと言っていた。
 
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
Save5924.jpg
posted by 風間健介 at 23:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする