2016年12月30日

火事

久し振りの無風で庭でゴミを焼いた。
(もちろん側に附いているし完璧な消火をしてる。)
糸魚川で凄い火事があった。
被害者のコメントに「通帳と写真だけを持ち出した」
というのがあり40年前を思い出した。
高校の同級生の豪華で大きな新築の家が燃えた。
祖母が新興宗教の教組で火災の原因はローソク。
同級生の女子は写真が燃えたのがつらいと泣いた。
私は新しい作品を作ることを優先しているし、
狭山を出る時卒業アルバムも捨ててきたが、
大量のネガが燃えたら泣くだろう。
社会的には値打ちの無いものだが泣くだろう。
 
[火事は怖い。]
夕張時代に寝煙草で布団を燃やしたことがある。
あたり前だがもの凄く熱かったし、部屋は煙で真っ白。
慌てると馬鹿にされると思い落ち着いて台所の鍋で消火した。
しかし、片手鍋の隣には大きな両手鍋があった。
誰もが火事の時はパニックになると思った。
 
[火事は消せないし、カッコワルイ]
庭でゴミを燃やして女からのテルを楽しんでいたが、
庭でボンという爆発音。
燃え移った廃車はいくら水を掛けても消せず119番。
消防車の後には野次馬数台でカッコワルかった。
 
「申し訳ありません」「すみません」をもの凄く連発した。
しかし、「先生大丈夫でしたか」と言われた。
地元で初めて先生と言われ驚いた。
炭鉱遺産の活用やハコモノ批判をしていたので
ワンマン市長や市民に嫌われている筈だったが。
眼を見るのも怖かったが、感謝された。
「火事は少ないので(住民が少ない)若い者にいい経験をさせれました」
複雑な気持ちになった。
しかし、翌日は警察に出頭させられドヤされた。
消防にドヤされるのは理解出来るし、いくらでも土下座する。
しかしなんで消火作業していない警官にドヤされるんじゃ。
 
今日は空が良かったのでペンタのMZ−Lと28−70ミリ。
10カット以上良いのを撮らさせて貰ったが、
眼と腰が激痛い。情けない。
 
いろんな作品があります。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
ブログ用 029.jpg
posted by 風間健介 at 02:20| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445364563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック