2017年04月02日

ミュージシャンの写真

今日は四月一日でわたぬきとも読む。
暖かくなり着物の綿を抜くからということは
少なくない人に知られているだろう。
(昔、四月一日さんという知人がいたが読めなかった。)
 
暖かくなる筈の4月なのに今日は寒かった。
さらにエアコンが使えなかった。
今日はこのところ焼いたRCの修正をした。
RCは印画紙の裏表をプラスチックでコーティングを
したもので液が印画紙に浸透しないので処理が早い。
そして自然乾燥だけで波打たず平面性が良い。
 
しかし、私が使っているのは一番安いものなので、
少し波打つ。
というわけでエアコンを使わず修正をした。
とにかく枚数とゴミが多かった。
このところ焼いた枚数は4cmぐらいになった。
座ってばかりだと腰が痛くなるので散歩したかったが、
雨で諦めた。
とにかく疲れましたわ。
2回目の手直し修正は明日にします。
(修正液が完璧に乾かないと正確な判断が出来ない。)
雑誌に送るので丁寧にする必要があるのだが、
日本カメラからマイナンバーを教えてくれと手紙。
マイナンバーはラジオでも聞いたが、
どんなものかすべて忘れている。困ったもんだ。
 
晩飯食って少し休んで暗室に行った。
焼くのは昔撮ったミュージシャンの写真。
沖縄の友人に送る約束もあるし、
自分でもなんとか形にしたいので2枚づつ焼いた。
(肖像権の問題もあるが、残っていた印画紙20枚
すべて焼いた。)
 
16〜20歳に撮ったものだから36〜40年前の写真。
ゴミは少なかったが、キズやネガの痛みは多かった。
特に高校の時に撮ったものは甘かった。
腕だけでなく当時のズームレンズはオモチャだった。
ピントの合わないレンズもあったし、
ステージは暗いのでいつも絞り開放だったからだ。
 
そして36〜40年も経つと私自身の眼が、、、。
一番強い老眼鏡を掛けても大きなルーペを使っても、
35ミリのベタではミュージシャンの表情が見えない。
スポットライトを浴びるから眼が細くなっている写真も
多くて苦労した。
(テストピースに伸ばして露光時間と眼をチェック)
 
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
Save27422707.JPG
posted by 風間健介 at 02:12| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448650333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック