2017年05月19日

海へ 野島岬

今日こそはバライタの修正をやるつもりだったが、
昨日より青い空で9時にスクーターに乗ってしまった。
(すみません。月曜には発送いたします。)
 
今日は房総半島の最南端の野島崎である。
灯台もあり観光客も多い。(グラスボートもあった。)
昨日の茶色い岩と違って古いアスファルトのような
ボロボロの黒い岩も多く観光地とバカにしていたが、
4時過ぎまで撮っていた。
これだけ長時間撮ったのは初めてではないかな。
本数も12本と過去最多だと思う。
しかし、今日は昨日と違って疲れた。
今日は99%岩の上だったからだ。
もっと夕方まで粘って太陽のキラキラした反射を
撮ろうと思ったが腰と膝は限界で無理だった。
(数日前は左踵とアキレスが痛く歩けなかった。)
 
昨年磯で転倒というか宙に浮いて体を岩に叩きつけた。
それは構わないが、ペンタのシャッターが壊れた。
テルの見積もりは1万だったが、プロ割引でも2万。
(こっちの方が痛いし、マミヤも直さないと駄目だし、
腰のことを考えてマミヤのアイレベルファインダーを
買わないと駄目だし、暗室にエアコンつけないと駄目だし、
税金や国保やバイクの税金他借金。)
 
昨年転倒をしたのでスパイクつきの長靴を穿いている。
確かに滑らないのだが、岩場を歩いたり立っているだけで、
膝や腰に来るのである。
またスパイクで躓きやすいやすいので疲れます。
(芝生の上を歩くと天国に思えたし、
軌道工の時に穿いていた安全靴のようだった。)
 
おまけに顔が痛い。(悪いのではない。)
夏用の帽子を持っていかなかったので酔っ払いどころか、
猿みたいな顔である。
今日撮れなかったのは背景にリゾートマンションが2カット。
ミラーアップして大波待ちの時、漁師さんが作業に行った。
白い帽子と手拭は目立ちますが、
立ち去る時「邪魔してすまなかったね」
距離はあって撮影してるのに気付いていないと思ったが、
かえってこちらが恐縮というか凄いと思った。
 
それに引きかえフィルム交換中に声を掛けてきた
同年代ぐらいの観光客の夫婦。
キャノンの白レンズ(高級ね)をぶら下げていたが、
「お父さん、何撮っているの」
海の岩だが、ワシはガキもいないしマダ独身だ。
 
今日の写真は砂の女のオルソと題されていたが、
どうみても妊婦だった。
せめて杉原杏璃か天木じゅんぐらいにして欲しかった。
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。
http://kazama2.sakura.ne.jp/ブログ用 030.jpg
posted by 風間健介 at 19:42| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海へ

眠れたのは6時。
私は重度の花粉症であるが、
今年はクシャミが出なくて安心していた。
しかし、眼と鼻が痒くなり6時。
それと昨夜のフィルム現像の結果に悩んで眠れなかった。
 
35ミリ5本は6本用タンクで同時に現像した。
しかし、1本は怒アンダー露出でパー。
すべてオートで撮っているのに。
また途中の半分から怒アンダーになってるのもあり、
理解出来ない。
 
ブローニーで蕗を撮ったのはマミヤで露出計を使った。
しかし、信じられないが露出不足が1本あった。
昨日の葉はストロボオートだが、かなり露出ムラがあった。
わからんことだらけで眠れなかった。
 
バライタの修正をする予定だったが精神的にも辛かったし、
久し振りの青空だったので、
久し振りにペンタの67を持って10時にスクーターで海へ。
(家に帰ってきたのは5時で久し振りの長時間撮影で、
8本で75カットを撮った。)
 
う〜ん、マニアックなマミヤと違ってシンプルで撮りやすい。
自動露出も便利だった。(今日はほとんど露出補正なし。)
そして何よりかなり岩場や砂浜を歩いたのだけど、
昨日痛くなった腰が長時間なのにマッタク痛くないのである。
やはりアイレベルファインダーはいいね。
(マミヤは元々スタジオカメラです。)
 
撮れなかったカットも2枚あった。
ポイントにモロ釣り人がいたのです。笑
服装もかなり考えて出発したのですが、
真夏のような暑さとスクーターでは温度変化が大き過ぎた。
(撮影場所は数回移動なので着替えは出来なかった。)
 
今日は白浜のリゾート地の方にも行ったが笑った。
白浜って美しそうだしリゾートマンションが多かった。
しかし、布良から白浜に行くにつれ海というか
岩場が撮れないというか汚い色の岩になっていた。笑
 
しかし、よいものも見た。
こっちで初めてというか、三重以外で初めて海女さん達を見た。
NHKでやってた海女ちゃんとは違ってみな70前後だった。笑
アワビやサザエを獲っていたのだが、岩場から近い場所で驚いた。
それも私が私がほとんど撮らなかった茶色い岩場。
こんな所にもいるのか。
 
私も旅をしていた時は素もぐりで5mは潜って貝は採っていたが、
若くない海女ちゃん達が浅瀬で獲っていた。
そしてゴムヒモ式の水中メガネに昔からの道具。
白浜で釣り人に50cmを超える石鯛も見せてもらった。
これでも小さい方だと言われたが、(自慢かな?)
磯にも見えない磯で、国道から近い汚い岩場で釣れるとはたまげた。
 
Save2643.JPG
posted by 風間健介 at 02:33| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

日中シンクロと現像

このところ天気が悪い。
しかし「葉」の撮影はストロボを使うので関係ない。
ただ日中シンクロもマミヤの67を手持ちで撮るのも
初めてである。
(というかストロボは10年以上使っていない。)
 
しかし、これがまあなんとも重いのである。
普段は三脚を使っているが三脚は肩に担げるので楽です。
首も痛くなったが、撮影場所は暗くて構図が決まらない。
そしてマミヤの場合はアイレベルではなくウェストレベル
なのでもろに腰に来て腰痛腰で2本撮ってギブアップ。
それだけでなくウェストレベルはアングルが低くなり、
撮ろうと思ったイメージどおりにならない時が多い。
 
家に戻るとヨドバシから荷物が届いていた。
バライタの修正をしようと思ったが出来なかった。
なぜなら筆が入っていなかったからだ。
運転手さんの手間を掛けないように同梱でよかったのに。
 
食事と昼寝してからフィルム現像をした。
35ミリ6本用のタンクだからブローニー2回と35を1回。
たいした回数ではないが、プレッシャーは大きかった。
ブローニーは平気なのだが、35は前回は苦労も失敗もした。
今日もリールに巻くのに苦労した。
(失敗はなかったが、手が震えだした。)
 
それに大きな不安があった。
ゴミや埃の問題である。
スポンジは新しいものに替えたのだが、どうなりますやら。
 
いろんな作品がありますし、販売もしています。
ぜひ作品をご覧下さい。
http://kazama2.sakura.ne.jp/
 
ブログ用 028.jpg ブログ用 029.jpg
 
 
posted by 風間健介 at 00:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

LIVEの写真

左足首の痛みは消えた。
その代わり今度は風邪である。
(インナーを脱いだ途端これだもんね。)
 
LIVEのベタをセレクト。
この写真ならブログにアップしても大丈夫?
高校の頃撮ったもので手持ちの2分の1秒。
今なら絶対に無理ですね。
 
眞子さまが婚約。
本当におめでとうございます。
佳子さま婚約してくれないかなあ。
 
Save27422783.JPG
posted by 風間健介 at 10:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

信じられないこと。

信じられないことがあった。
 
プリントの修正をしていたのだが、
途中専用の筆の毛が限界を超えた。
予備の筆(新品)を探したのだが無かった。
いやあったのだが無いのだ、、、毛が。
もちろん作業は出来ないし、一度も使ってないのに。
 
ヨドバシしてLIVEのベタの再確認。
昔と違って現在は著作権や肖像権がウルサイので
HPに載せたいが音楽雑誌社に送ろうと思っている。
 
先日ネットニュースで時代の変化を感じた。
カラオケボックスで歌っているのを撮って
ユーチューブに乗せた人がいるのだが、
その人がカラオケメーカーに著作権で訴えられ、
裁判で負けたのだ。
 
私は高校の時、呼び屋のスタッフをしていた。
コンサートは録音や撮影は禁止で入場時にバッグチェックを
してたがこれはわかる。
(だから私のLIVE写真は貴重だと思う。)
 
しかし、正直言って動画のバックに写っていただけではないか。
それに最近のコンサートは撮影を許しているのが多い。
この裁判結果は私には理解出来ない。
みなさんはどう思いますか。
posted by 風間健介 at 16:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする